地球史上最強の教え ダヴィンチストになる方法

ダ・ヴィンチもたくさん失敗してるから気にするな

万能の天才 レオナルド・ダ・ヴィンチと聞くと、

さぞ才能が豊富で、何でも自分の力で乗り切っていたのではないかと

思われるかもしれません。

実際、晩年にはダ・ヴィンチの名声はヨーロッパ中に轟いていたと

言われます。

 

しかし、

最初から偉人と言われる人はなく、

周囲から認められない時期もありました。

 

このような苦境・逆境を経験しています。

 

① メディチ家が主催する知的サークル「プラトン・アカデミー」

には、当時の知的階級が扱う言語であるラテン語の読み書きが

できず、仲間に入れてもらえらなかった。

 

② 絵を描くことが遅くて期日を守れない。

納期が遅れるだけではなく、完成させることができない。

さらには、依頼主からの注文コンセプトを無視して描いてしまい、

受け取りを拒否、裁判沙汰にも発展してしまう。

 

③ 男色容疑で逮捕される(後に釈放)

 

④ ローマのシスティーナ礼拝堂壁画装飾プロジェクトで

フィレンツェから一流芸術家を派遣する一大事業が企画されるが、

選抜メンバーから外されショックを受ける。

 

⑤ 騎馬像を制作し、模型まで完成していたが、

戦時が勃発し、本番に使用予定だった青銅は大砲の材料に回され、

長い間時間をかけた構想が台無しになる。

そのことで、ライバルのミケランジェロにバカにされる。

・・・

 

など他にもありますが、

 

ダ・ヴィンチはやることなすことうまくいかない心境を

画家サンドロ・ボッティチェリにこう漏らしています。

 

さる大バカもの、成長して間抜けになるたること、水ぶくれのかぼちゃ、またはメロンのごとく、また大水にふくれたすもものごとし。いな、そんなにほめたもうな、ご承知のごとく、……この男は低脳そのもの……

阿呆……だが、ふけをためるキャベツも、

かぼちゃの葉もない。言ってくれ、サンドロ、君はどう思うか、僕は本当のことを言おう。僕は成功しなかったのだ。」(アトランティコ手稿)

 

しかし、ここで腐ってしまうダ・ヴィンチではありませんでした。

ここから自分の劣等感をバネにし、大ジャンプすることになるのです。

この大ジャンプする方法はまた別の機会に書きたいと思いますが、

今回は、敗北について掘り下げてみたいと思います。

 

人は誰しも敗北を経験します。

① 志望していた大学・就職先に入れなかった。

② 好きな人が振り向いてくれない、思い切って告白したが振られた。

③ 夢を追いかけたが求まらなかった。

④ 今年こそ挑戦しようと思った目標があったが三日坊主で終わった。

⑤ ダイエットに挑戦したが、結局リバウンドした。

 

人によって、いろんな敗北を経験しています。

 

しかし、あなたがどれだけ敗北を経験していようと、

実は、あなたが今生きているというだけで、

ものすごい勝利者なのです。

 

それはなぜかというと、

生物学的な観点からみるとわかります。

地球は46億年かけて形成されてきました。

その間、数え切れないほどの生物が生まれ、

進化を繰り返してきました。

その中で弱者は淘汰され、適者生存の法則にしたがって、

最終的に勝ったものが今残っています。

実は、あなたは46億年の進化の勝利者であって、

自分の持っている性質が優れていたという証なのです。

 

実際、人間に生まれること自体がすごいことなのです。

遺伝子工学の第一人者、村上和雄筑波大学名誉教授はこう言っています。

一つの命が生まれる確率は、1億円の宝くじが100万回連続して当たることに匹敵する。

 

どれだけ敗北しても、あなたは凄まじいありえない勝利を経験していることを

忘れてはなりません。

生きていること自体が勝利、

そして、生きている間に、本当に果たすべき使命を果たしてこそ、

人生の大勝利者になれます。

 

あなたの生きる使命・目的をぜひ見つけて欲しいなと思います。