現代のレオナルド・ダ・ヴィンチ7人 山中教授

【現代のレオナルド・ダ・ヴィンチ7人の1人 山中教授】

レオナルド・ダ・ヴィンチを現代人にたとえると誰?

という質問に対し、下記の7人を足して7で割ったような人物、

と『超訳 ダ・ヴィンチ・ノート』に書いています。

 

① スティーブン・スピルバーグ
② スティーブ・ジョブズ
③ ホリエモン
④ 宮崎駿
⑤ 山中伸弥
⑥ 安藤忠雄
⑦ 菅田将暉

この内の、山中教授は、iPS細胞の研究でノーベル賞を受賞されておりますが、

レオナルド・ダ・ヴィンチも、500年の昔、

人体解剖をする中で、動脈硬化や毛細血管の発見、

心臓を正確に描写したのが世界初だったりと、

人類に医学的貢献をしようと精を出していました。

 

山中教授に本を贈呈したところ、お礼状を送りたいと秘書の方からご連絡があり、

なんと本当にお手紙が届きました!

 

丁寧な前置きが書かれて、

「謹んで、拝読させていただきます。」の後、以下のように書かれてありました。

「レオナルド・ダ・ヴィンチを現代人に例えられる中で、錚々たる方々の中に、私も取り上げていただきましたこと、大変光栄に存じております

 
私のようなまだ駆け出しの作家にもお返事を送ること自体、なかなかできないことだと思いますが、謙虚な姿勢を貫かれていて素晴らしく思いました。

ダ・ヴィンチは超有名人になってからも謙虚に学び続けました。

それは、名声を獲得し50代になっても、20代の解剖学者から学ぼうとした

ことからも分かります。

 

『超訳 ダ・ヴィンチ・ノート』でも、

チャプター5 対人力の章で、

“謙虚な姿勢が幸せをもたらす” という項目を書いています。

 

レオナルド・ダ・ヴィンチの思考法・行動習慣を身につければ、

必ず今よりもっと幸せになれる、私はそう確信しています。

ぜひ、『超訳 ダ・ヴィンチ・ノート』を愛読頂けますと幸いです。

 

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ライター:桜川 Daヴィんち

ダ・ヴィンチ研究者・アートディレクター・ダヴィンチスト

レオナルド・ダ・ヴィンチ没後500年の節目に『超訳 ダ・ヴィンチ・ノート 神速で成長する言葉』を飛鳥新社より出版。たちまち重版。

一度きりの人生、万能の天才ダ・ヴィンチのように、日々をワクワクと、自己実現するにはどうすればよいか。ダ・ヴィンチの考え方を活かしながら情報発信をしている。

コメント

コメントする

目次
閉じる